HOME > ブログ > アーカイブ > 2017年3月

ブログ 2017年3月

さくらさくら♪♪

私は毎日朝のニュース番組をみておりますが、今朝のニュースで桜開花予想がでておりました。

2017年度の桜の開花予想は関東より西で平年に比べ遅め、関東、東北、北海道では平年並みとの予想でした。

昨日私は春日部市内のとある公園に行きましたが、日当たりのせいか、桜の種類かほぼ満開の桜の木が三本ありました。

おもわず、写真に収めましたことは言うまでもございません。

東京では満開の予想が4月2日とも言われていますね。
満開の桜の下お弁当を広げるのがとても楽しみです。

冬の間葉も落ち、寒々しかった枝にも薄いピンクの花々が咲き誇る姿。
ソメイヨシノのイメージチェンジももうすぐです。

小さな工事から大きな工事
外壁塗装は任せて安心 地元で安心
株式会社KOMAKI 未来空間工房でした。





生まれ変わる松原団地...新駅名 獨協大学前(草加松原)へ

おはようございます。未来空間工房です。
弊社の所在地は東武スカイツリーライン草加駅より徒歩10分の草加市中央ですが、本日はお隣の松原団地駅のお話です。


さてこの松原団地今年の4月1日より駅名が変更になることが決定しております。
その名も
ticket獨協大学前(草加松原)です。


松原団地駅は1962年12月に開業して以来55年に渡って地域の人の交通手段を担ってきました。

最盛期には東洋一と謳われたマンモス団地も現在は再開発が進み、建て替えの完了した区画のうちUR機構の賃貸住宅については
コンフォール草加と名を改めて駅前の姿も様変わりしています。
また現在残っている団地も順次建て替えが進んでいます。

生まれ変わる町、新駅獨協大学前草加松原を楽しみにしています。

小さな工事から大きな工事
塗装リフォームは任せて安心 地元で安心
株式会社KOMAKI 未来空間工房でした。


 


うういおい

あいにくのお天気です

おはようございます。
未来空間工房です。

弊社のある、埼玉県草加市ですが本日はあいにくの雨模様です。
春待ち雨で、本日の塗装工事は残念ながらお休みです。
雨天時は塗装の仕上がりも違ってきますし、足場が滑りやすいので職人さんの安全面も考慮して、
工事延期となる場合がございます。

さて春桜の頃に降る雨の事を桜雨というそうです。
桜の花びらが散る様子はまるで雨のようでもありますね。

また「春雨じゃ、濡れてまいろう」という言葉のように春の雨は暖かく、命を育む雨、命をもたらす雨でもあります。
あいにくのお天気でもありますが、雨音が春の足音のようにも聞こえてきそうです。

小さな工事から大きな工事
リフォームは草加で安心、地元で安心
未来空間工房でした。






遮熱塗装って何だ??

おはようございます。未来空間工房です。
さて突然ですが、本日は遮熱(シャネツ)塗装について少しお話させていただこうと思います。

遮熱塗装とは読んで字の如く、「遮熱塗料を使って塗装すること。」なのですが、そもそも

遮熱って何だろう。。。ということで私調べてみました。

goo国語辞典抜粋
遮熱→外部の熱が入り込まないように、また熱が外に漏れないように遮ること。

遮熱塗料とは、太陽からの近赤外線を効率よく反射する塗料の事です。
遮熱塗料を屋根や外壁に使用することで、真夏の暑い時期に室内温度の上昇を抑える効果が期待できます。

また屋根面の温度が低くなるため、一般的な塗料に比べ塗膜の劣化がしにくいという効果が期待できるわけです。

近年デザイン住宅の普及により、吹き抜けの大きな家やオープン階段のある家などで夏場の暑さに困っておられる
方には特におすすめしたい塗料です。

小さな工事から大きな工事
塗装リフォームは地元で安心
株式会社KOMAKI 未来空間工房でした。





未来空間工房です。

そろそろcherryblossomcherryblossomの便りの待ち遠しい季節になりました。
弊社未来空間工房のある草加市には綾瀬川左岸広場という大きな公園があります。
花見の季節にはお弁当を広げる家族連れで賑わいます。
すぐそばに流れている綾瀬川岸の松並木と太鼓橋も草加の観光名所の一つになっています。
さてこの太鼓橋では今週末、3月12日にロードレースが行われます。
その名も!”第6回草加松原太鼓橋ロードレース大会2017”
草加駅前の草加小学校スタート~太鼓橋経由~草加小学校フィニッシュの10kmのコースになっています。
参加賞には草加名物草加せんべい食べ比べセットがいただけるそうです。
また沿道には昔ながらの草加せんべい屋さんも軒を連ねています。
残念ながら参加は予約制なのですが、応援にでかけてみてはいかがでしょうか?



未来空間工房です。の続きを読む

1

« 2016年5月 | メインページ | アーカイブ | 2017年4月 »

このページのトップへ