HOME > ブログ > 遮熱塗料のこと

ブログ

< テラス屋根取り付け工事  |  一覧へ戻る  |  上司からの差し入れ >

遮熱塗料のこと

昨日用事で越谷市まで出かけていたのですが、暑くて暑くて、半分くらいは熱中症になっていたような感じで帰ってきました。
自宅に着いてから、ニュースで越谷市の最高気温が38・8度もあったと知り、更に暑さ倍増してしまいました。
今年は例年にない猛暑で、野菜の値段も高かったり、熱中症になる方も多かったといわれています。
年々暑くなる夏を少しでも快適に過ごすために、エアコンを最新のものに取り替えるなどされて方もおられるのではないでしょうか。
さて弊社もそんなお客様に是非ご紹介したいアイテムがございます。
それは遮熱塗料です。
室内の温度が何故上昇するのかというと、太陽光線に赤外線が含まれているからです。
赤外線によって屋根や壁の表面が熱せられてしまい室内の温度が上昇してしまうのです。
夏場は太陽の位置が丁度頭の真上を通るため、赤外線を含む太陽光線も、直に屋根壁に当たってしまいます。
夏場塗装する職人の足裏も火傷しそうなほどだといいます。
そこでその赤外線を効率的に反射し、住宅屋根壁の塗膜自体の温度上昇を防ぐことで室内温度上昇を抑えようとする塗料が遮熱塗料というわけです。
草加市を含む各市町村では独自ののリフォーム補助金がある場合もございます。
室内温度の上昇を防ぐ事でエアコンの効きも違ってくるようです。
実験では屋根表面温度を7〜19度下げると、室内天井温度は2度低減するそうです。
たかが2度と思われるかもしれませんが、室内温度30度が28度になると聞くと、涼しく感じますよね。
せっかくのリフォームなら、真夏も快適に過ごせる遮熱塗料が断然おススメです。
弊社では見積もりのみのご相談も喜んでお受けしています。
土日祝日も営業対応可能です。

小さな工事から大きな工事
塗装リフォームは任せて安心 地元で安心
株式会社KOMAKI 未来空間工房まで

iPadから送信


< テラス屋根取り付け工事  |  一覧へ戻る  |  上司からの差し入れ >

このページのトップへ