HOME > 未来空間工房の4人の匠 > 現場担当責任者 中川 幸男

未来空間工房の4人の匠

一覧へ戻る  |  リフォーム部責任者 影山 俊之 >

現場担当責任者 中川 幸男

轟く技術の匠

経歴 住宅塗装改修工事から始まり会社事務所、工場、特殊設備の修繕塗装、更には高速道路の塗装改修工事を多数経験、作業と同時に現場管理も担当し現在に至ります。
ポリシー 無理・無駄のない施工をいたします。物件はお客様から預かるもの、職人は会社から預かるものです。材料も含め無駄はいたしません。私は無理・無駄のない安全な施工を提供するために日々努力いたします。
趣味 利き酒です。本当は毎日、浴びるほど呑みたいのですが朝が早いのでなかなか浴びるわけにはいきません。

塗装業界を目指したきっかけ

学生のころは「長距離トラックのドライバーになれば稼げる」と思っていました。たまたま叔父の勤めている塗装屋に、手伝いのアルバイトに行くことになり1週間ほど見習いをしました。なり行きとはいえ、気が付けばそのまま勤めることになり「長距離トラックのドライバー」の夢は自動的に消滅していました。

しかし、親方や叔父の仕事をマネしているうちにすっかり面白くなってしまいました。親方も私に仕事を続けさせるために一生懸命に面倒を見てくれました。そして仕事を任されるようになり、その頃には信頼してくれた親方や叔父に褒めてほしいそればかり考えていました。

自分の仕事が他の人から好評価されるのは大変にうれしいことです。ある日、お客様に出来栄えを褒められたことで増々この仕事が病み付きになってしまいます。そして、現在の代表と出会い2人で色んな現場に参加して現在に至ります。ご依頼のお仕事頑張りますので褒めてやっていただければ幸いです。
 

私にとっての「未来空間工房」

「未来空間工房」は、新しい可能性をご提供する窓口が必要ということで住宅リフォーム部のスタッフが中心に設立した部署です。当初から事務所の内外装工事などで看板を書いたり、掲示物から備品などを製作~設置まで作業をしたところから、この新しさにワクワク期待をしていました。

期待以上に盛り上がっている事務所を見るたびお客さんの顔を想像してしまいます。私にとっても新しい入口です。作業現場の責任者としてお客様の良質な空間づくりのお手伝いを致します。未来空間工房でお預かりした限りには、施工中施工後もお客様が安心してお住まいになられます様に最大の努力でお答えいたします。安心・安全な空間づくりの「未来空間工房」に期待してください。
 

仕事する上での喜び

やっぱり、お客様から「ありがとう」言われた時が一番の喜びです。つい自慢したくなります。 「ありがとう」を言われる為にはいろいろなことをクリアしなければいけません。それをどう対処するか自分の考えが上手く行ったときに更に大きな喜びが感じられます。

お客様へ向けてのメッセージ

受け売りですが、工事においては「安全」が一二にも重要です。先輩から、口酸っぱく、耳にタコができるほど聞かされていましたが、今では私が言う側になりました。私も若い頃、師匠に怒鳴られたものですが、なぜ怒鳴られていたのか解っていませんでした。今思えば、技術的なことが出来ないから怒鳴られていた訳ではなく、危険な行為に気が付いていなかった事を師匠が自ら悪者になって諭してくれていたのだとわかります。

お客様の事を良く考えれば解る事なのですが、作業に集中しすぎたり自分自身にこだわり過ぎると周りが良く見えなくなり、思わぬ失敗や事故につながり、結果、お客様にご迷惑をかけてしまいます。

現在は、私の立場が職人に諭す側に代わりましたので先輩から受け継いだ意識を持って全員で作業にあたり、必ずやお客様に満足していただけるよう努力いたします。

 

一覧へ戻る  |  リフォーム部責任者 影山 俊之 >

このページのトップへ