HOME > 未来空間工房の4人の匠 > 現場総合責任者 小巻 英治

未来空間工房の4人の匠

< リフォーム部責任者 影山 俊之  |  一覧へ戻る  |  代表 小巻 祐二 >

現場総合責任者 小巻 英治

莫大経験の匠

経歴 橋梁構造物塗装、高所・大型現場塗装、特殊工場(生コンクリート製造工場他)塗装から修繕・改修工事。更に高速道路の塗装改修工事を多数経験、作業と同時に現場管理監督も歴任し現在に至る。   
ポリシー 新しい仕事、未知なる仕事も果敢に挑戦しクリアーすること。

お客様へは、施工開始から施工後までのすべての安心・安全な快適さをお届けするのは当たり前です。

私は仲間やスタッフにも仕事中の安心・安全を提供するために努力いたします。
趣味 ゴルフです。知人や仲間と一緒も楽しいですが、たまに一人で知らない方とラウンドしても楽しんでいますよ。

塗装業界を目指したきっかけ

父親が塗装工でした。叔父さんは何十人も職人を抱えて大きな現場の塗装工事をしていましたので幼少時から父を見て育った私は物心ついた時にはすでに父親と同じ道に進むことを疑わずにいました。

業界に入ったキッカケは親族や父親が塗装業界にいたというあまり聞いても面白みのない理由です。ただし、なぜ現在もこんなにも大変な仕事を続けているのかと言いますと複雑な理由があるのですが・・・

若いうちから現場を任されることが多く、「他にも責任持てる人が大勢いるのになぜ?」面倒くさい事ばかりやらされてと思っていましたが、今となっては父親や叔父さんが早く一人前にさせる為の事だったと理解をしています。

お陰様で現場はただ作業するではなく、なぜそうするのか、どうしたら上手くいくのかを良く考え各現場に合わせた動きをすることが、相対的に引き渡しまで上手くいくのだと言う事が良くわかりました。

そして全体を見渡し、安全に気を配るという事がどういうことかおのずと気が付けるのです。
なぜ現在に至るまでこんなにも大変な仕事と続けているのか・・・その答えは、この経験を少しでも一人でも多くの後輩に伝える為であると、今は思います。

私にとっての「未来空間工房」


「未来空間工房」は新しい可能性をご提供する窓口が必要と いうことで、住宅リフォーム部のスタッフが中心となり設立されました。私の場合は㈱KOMAKIの名前でお仕事をすることがまだまだ多いですので、実は当 初、私には関係があまりないのでは?正直そう思っていたのです。

ハウスクリーニング、ビルメンテナンス、設備工事、内装工事、外装工事、外構工事など幅広く受注。塗装工事や防水工事、仮設足場工事は得意分野でしたが、更に項目が増えてパソコン教室まで実施(2016年に閉鎖しました)され、私が把握できる許容範囲をあっさり超えてしまいました。

現在は、専門の担当者がおりますので文字通りに窓口となって私に工事依頼と打合せ依頼があります。難しい物件も多いですが、お陰様で飛躍的に顧客様が増え ました。今では、新しい可能性が増えてうれしく思います。私は「未来空間工房」の新しい全てのお客様にも安全を監督するという立場から安心をお届けしたい と思います。

「未来空間工房」は安心安全の代名詞です。と胸を張ってお伝えいたします。

仕事する上での喜び

一般住宅工事のお客様もさることながら、特殊・危険な部位の工事依頼が大変に多いんです。状況において最優先は何かを常に考え行動します。スタッフ全員が無事に帰ってきてくれた時に第一の喜びがあり、最終的にお預かりしていた物件を無事にお引渡しできた時、最大の喜びを感じています。

お客様へ向けてのメッセージ

工事においては安全が第一条件です。

一般の住宅工事であれば、お客様が普段通りお住いになられている前提ですので施主様からご家族様、加えてご近所様への配慮を重視致します。集合住宅であれば、施主様・ご近所様はもちろん、その他各ご入居様への配慮が大変に重要です。法人様の事務所・工場であれば、お客様のご希望工事期間内(休日などに作業)にお引渡しします。施工の大小に関わらず、どれもお客様からお預かりした大事な物件です。工事において安全第一に進めていく事に手抜きはできません。

担当者は現場作業に一生懸命です。各現場に厳しすぎるくらい都度、確認チェック、指導していきます。それにより、担当者では気づけなかった事柄を拾い上げ対応いたします。(担当者の安全も含みます。)安全に施工する為には、その安全に対する気配りこそが私のお客様への最重要な思いなのです。


< リフォーム部責任者 影山 俊之  |  一覧へ戻る  |  代表 小巻 祐二 >

このページのトップへ